まずは整理しましょう

売るのが先?買うのが先??「売り先行き」と「買い先行き」

「しっかり計画」かかるコストをスマートに

今の住まいから住み替える場合、一番理想的な流れは、一番予算ロスの少ない「売買同時進行」ですが、みなさんの環境や条件によって先に自宅を売り、後で住み替え先の物件を購入する、またその反対となる場合もあるでしょう。ここでは売り先行き型、買い先行き型のメリットデメリットを理解し、余計な出費を抑えられるような知識を身につけておきましょう。

売り先行き型

先に自宅を売却し、その販売した資金で新しい家に住み替える方法です。売却資金を住み替え費用に使うことができるため、売却後に計画的に住み替えることができます。 ただし、いつ、いくらで売れるかがわからない為、住み替え先の検討を進めづらく、新居に引っ越すまでの間に仮住まいが必要になることもあります。

メリット

  • 住み替え先にかけられる予算の資金計画が立てやすい
  • 売り急ぐ必要もなく、ゆっくりと計画額での販売に集中できる

デメリット

  • 現在の住まいのローン残高を下回る価格でしか売却ができなかった
  • 住み替え先が段取りよく決まらず、仮住まい費用が発生する可能性がある

買い先行き型

先に住み替え先を購入し、住み替えた後に現在の住まいを売却する方法です。住み替え先の新しい住まいについて検討する時間をしっかり確保できます。 ですが、売却資金を住み替え先の購入資金に充てることができないため、十分に自己資金を用意するか、ローンを組む必要があります。

メリット

  • 住み替え先の検討にじっくり時間を使えます
  • 仮住まいの費用が必要ない

デメリット

  • 住み替え後、売却を急ぐ場合には、売却額がやすくなりがち
  • 売却が遅くなってしまうと、二重ローンになってしまう可能性がでてくる

Share!

Roof image

こちらもオススメ

サンヨーリフォーム

オススメの[最新]中古物件情報

サンヨーホームズの新築マンション

オススメの新築分譲物件情報

お住まいの売却についてご相談ください。

売却のご相談

お住まいの無料査定や空家や相続などのご相談を承ります。サンヨーホームズでの買い取りも行なっています。

住まいづくりに役立つ情報をお届けします

メール登録する

住宅展示場・マンションギャラリーへ行ってみよう