売り方で変わるその後の計画

仲介での売却のながれ

かしこく売るための基礎知識

仲介による売却

売主である自分と買い主の間に入って販売を行う販売方法です。こちらの販売方法の場合、自分たちで販売価格など条件を決めて買い主を探していくプロセスになり、すぐに現金化する事が難しい方法になります。その代わり、販売条件や不動産会社の販売ルートを通じて多くの可能性の中からなるべく高く売る事ができます。

STEP 1 自宅の不動産の情報をあつめ、依頼先に売却の相談

仲介で販売を依頼する会社へ正確な情報を売却の理由などをまとめ、相談・依頼をするところから始まります。
依頼の際に事前にまとめておく内容は、土地、建物の権利関係状態、敷地の境界の解るもの、ローンの残金の確認、建物の図面や書面など購入時の資料等、家と土地について必要な情報をあらかじめ用意して相談に行きましょう。
古い建物の場合は十分に資料が揃わない場合もあると思います。
その場合は、まずは概要を相談後、STEP2以降で相談先に実際に物件を確認をしてもらいます。

STEP 2 売却する不動産の調査・価格査定

相談を元に、仲介する会社が自宅の査定を行います。建物・土地の状況、周辺の相場、環境、希少性などもリサーチし、自宅の価格査定をおこなってもらいます。

STEP 3 媒介契約を結ぶ

売却を依頼する会社が決定したら、その会社と代理で販売を依頼する契約を結びます。
媒介契約と呼び、この契約を結ぶことで初めて販売が始まります。
この媒介契約には3種類の条件の違う契約があります。
自分達が考える販売方法に沿った契約を結び依頼をしていきましょう。
>媒介契約の詳細は「[近日公開]仲介での注意点」をお読みください。

STEP 4 仲介会社による販売活動開始

媒介契約を結び、いよいよ販売営業開始になります。
不動産流通機構への登録を行い、折り込み、ポスティングチラシ、現場周辺の看板、WEBサイトへの広告などあらゆる媒体や接点を作り営業をかけていきます。
STEP3でご紹介した契約形態に基づいて営業活動を実施、依頼主であるあなたに定期的なレポーティングをしてくれます。
また、希望者が現れたら現地を見学してもらうことになります。
売却する家の清掃は出来る限りのメンテナンスを心がけておきましょう。
特に外の植栽類はなるべくそのままにせず、印象の良い手入れのいき届いた状況にして印象良く受け取ってもらえるように心がけましょう。

STEP 5 売買契約の締結

買いたい方が現れ、契約条件について合意されたら、売買契約の手続きを進めます。
購入する方へ重要事項説明を書面とともに説明し、売買契約書を交わし、手付金を受領して契約を締結します。

STEP 6 残代金を受取り、物件引渡し

売買契約者への引渡し日までに、抵当権の抹消手続きと、固定資産税納付書・権利証・印鑑証明書など書類の準備をし、引渡し手続きをおこないます。残代金の受取り、固定資産税の清算、登記の申請、そして鍵の引渡しなどがあります。 これらすべて無事に完了することで販売、引渡し完了となります。

Share!

Roof image

こちらもオススメ

サンヨーリフォーム

オススメの[最新]中古物件情報

お住まいの売却についてご相談ください。

売却のご相談

お住まいの無料査定や空家や相続などのご相談を承ります。サンヨーホームズでの買い取りも行なっています。

住まいづくりに役立つ情報をお届けします

メール登録する

住宅展示場・マンションギャラリーへ行ってみよう