売り方で変わるその後の計画

仲介と買取りの違い

かしこく売るための基礎知識

家を売る時の方法には大きく2種類あります。不動産会社に委託して販売する「仲介」と、不動産会社に買い取ってもらい、販売は不動産会社で再販する「買取り」です。 まずは2種類の売却方法で何が違うのか理解しましょう。

仲介による売却

売主である自分と買い主の間に入って販売を行う販売方法です。こちらの販売方法の場合、自分たちで販売価格など条件を決めて買い主を探していくプロセスになり、すぐに現金化する事が難しい方法になります。その代わり、販売条件や不動産会社の販売ルートを通じて多くの可能性の中からなるべく高く売る事ができます

買取による売却

買い主が不動産会社になるのですぐに売却する事ができます。その代わり、再販を行う不動産会社の査定額にて買取を行いますので、仲介で売るよりも安くなります。 すぐに現金にしたい理由がある場合は安くなりますが、こちらの方法で進めていくと良いでしょう。

仲介と売却の比較表


仲介 買取
仲介手数料 あり なし
販売活動支援 なし なし
瑕疵担保責任の有無 瑕疵担保責任を負う必要がある 責任を負う必要がない
売却価格 高い 安い
売却時期 遅い 早い

リースバックで買取した後も住み続けるシステム

老後のライフプラン上、売却を考えられているような場合、不動産会社に買取ってもらい、その資金でそのまま賃貸契約に切り替えるシステムもあります。

Share!

Roof image

こちらもオススメ

サンヨーリフォーム

オススメの[最新]中古物件情報

お住まいの売却についてご相談ください。

売却のご相談

お住まいの無料査定や空家や相続などのご相談を承ります。サンヨーホームズでの買い取りも行なっています。

住まいづくりに役立つ情報をお届けします

メール登録する

住宅展示場・マンションギャラリーへ行ってみよう