あなたのおウチ、元気ですか?

屋根のメンテナンス

定期的なメンテナンスで快適な暮らしを

マイホームは購入して経年と共に修繕が必要になってきます。定期的なメンテナンスで大きな修繕が起きないよう、安定した長寿命計画を持つ事が大切です。
屋根は雨や雪、日々日差しに晒されています。住まいを守るとともに、美しい外観を保つ屋根は10年を目処にメンテナンスが必要です。 必要なメンテナンスを見ていきましょう。

塗り替え

粘土瓦

劣化による雨漏りを防ぐためにも10年目、20年目を一つの周期に、メンテナンスが必要です。屋根のメンテナンスとしては一番コストが安い方法です。

重ね葺き

化粧スレート

平らな形状の屋根材に重ねて新しい屋根材を施工する方法。コスト面では葺き替えるよりは安いが、塗り替えよりは高い。 コストと屋根の劣化状況で判断し、屋根の下地はあまり痛んでないが、屋根材はそろそろ限界、という状況であれば重ね葺きが良いでしょう。

葺き替え

金属系屋根材

屋根だけでなく下地や基礎にまで雨漏りが浸透して痛んで いるような場合は、新たに葺き替える方法が良いでしょう。 コストは3パターンの中では一番高くなりますが メンテナンスのことを考えると長持ちします。

屋根材とメンテナンスの周期について

粘土瓦

粘土瓦

地震の揺れなどでズレやひび割れが起こり、それに強風なども重なり割れた瓦が落ちたりします。メンテナンス周期は5−6年を目処に行い、20年から30年目の間に葺き替えを行うようにしましょう。

化粧スレート

化粧スレート

商品により耐久性が違いますが、5−10年を目処にメンテナンス、基本は塗り替えて強度を保つようにしましょう。

金属系屋根材

金属系屋根材

錆が発生すると、一気に痛んでしまいます。5−10年を目処にメンテナンス、基本は塗り替えて強度を保つようにしましょう。

屋根のメンテナンス効果

屋根材を塗装や葺き替えによってメンテナンスすることで見た目の美しさだけでなく、防水性が向上します。 また塗料や屋根材によって、遮熱・断熱効果の高いものもあり、夏場の2階の蒸し暑さを軽減したり、冷暖房費を軽減する効果も期待できます。

Share!

Roof image

こちらもオススメ

住まいづくりに役立つ情報をお届けします

メール登録する

住宅展示場・マンションギャラリーへ行ってみよう