壁が変わると暮らしも変わる

内装壁で出来るリフォーム

プランを考える基礎知識を

内装リフォームの中でも視覚的な効果が大きい壁のリフォーム。
プランを考えていくのに必要な内壁材の種類などを押さえておきましょう。

壁紙(クロス)

ビニールクロス

現在最も一般家庭の壁紙として普及している種類です。塩化ビニール樹脂などを素材とする壁紙で、表面にエンボス加工やプリントを施したデザインの柔軟性も高い性能を持ちます。コストも低く、壁紙メーカーから多くの種類が出ていますので、面積が多い部分のリフォーム、デザインも選べ、コストを低く抑えたい場合の選択肢として考えましょう。

紙クロス

紙素材でできた自然素材の壁紙です。表面にフィルム加工をし、自然かつ汚れに配慮したタイプのものもあります。紙らしい表面の風合いが楽しめるので、デザイン演出をしたい空間で一部の壁などに利用すると空間が飛躍的に良くなります。 素材が紙だけに、水汚れがつくと落としにくいので、キッチンの近くや、子供が遊ぶ場所への施工は避けたほうが良いでしょう。

繊維クロス

繊維(布)で出来た壁紙です。壁紙の事をクロス(布)と言いますが、昔の壁紙は布を貼り付ける手法がメインでしたが、コスト施工のしやすさなどの側面から現在のビニールクロスに置き換わりました。斜光線、視覚的な柔らかさ、遮音性の違いなどビニールクロスによるフェイク素材では出せない世界観です。ヨーロッパテイストを求めている際に検討されると良いでしょう。

塗り壁

漆喰(しっくい)壁

表面の塗り跡をデザインとする施工が一般的で、日本独自の塗り壁仕上げです。消石灰と砂、のりなどを混ぜて作られています。 耐久性、断熱性、防火性に優れていますが、一般の室内壁への施工は強度をもたせるために下地を作る必要がある場合もあり、計画時に現在の壁の状況を施工会社と確認をしておく必要があります。

プラスター壁

西洋の漆喰壁です。西洋漆喰壁とも言います。石灰、石膏をベースにして作られていますので非常に白く優しい風合いになります。 防火・耐火性能は高いが、保水性が高いため水気の多い場所には適しませんがインテリアにヨーロッパの内装テイストが欲しい場合に効果的です。リフォーム時は施工時の下地を作る必要がある場合があります。

土壁

土で出来た壁です。昔の日本建築に多く利用されていました。土に繊維など混ぜ込んだテクスチャは自然素材の風合いが強く、純和風のアクセントが欲しい箇所に利用すると効果的です。表面が少しもろく普段の生活に面した壁や子供達の手に届く箇所への施工はやめておいた方が良いでしょう。

珪藻土(けいそうど)壁

多くの小さな穴を持つ素材のため、吸湿性、吸放質性、保温性、断熱性に優れた人気の素材です。 石膏ボードや壁紙に直接塗る事ができるタイプもあり、リフォームで利用しやすい人気の素材です。

木材

腰壁

床から腰あたりまで(90-100cm)の高さの壁の事を言います。ベランダの壁や、キッチンカウンターの壁なども入りますが、内装装飾では天井まである部屋を仕切る壁の腰あたりまでに木パネルを貼り付けた装飾手法を指す事が一般的です。 椅子に座った時に、目線の下あたりに腰壁のラインが入る事で奥行き感の印象が全く変わります。また、半分が木のパネルになる事でクロスの張替えが天井から腰壁までの半分の面積で済むようになり、メンテナンス性も高くなり、壁紙の補修も張替え範囲が少なく済みようになります。

化粧板

壁一面を化粧板で出来たパネルを貼り付けて、アクセントとして木の印象を前面に出すような際に利用します。全てが天然木ではなく、合板の表面に薄い天然板を貼り付けた素材、塩ビのシートにリアルな木のプリントとエンボス(凹凸加工)を施したものを利用する施工方法などがあります。木材独特の斜光線でのゆがみは視覚的に癒されます。また、木の種類を選んだり、組み合わせたりする事でオリジナルの空間を作りだす事ができます。

壁をリフォームする際の考え方

壁をリフォームする際に最初に検討する事はその部屋の利用方法によって機能性についても考えながら素材を選んでいきましょう。 例えば水まわりでは湿気や汚れを落としやすい機能素材を選ぶ、子供部屋では同じく汚れ掃除しやすく、安価なモノや、デザインプリントされた素材、といった風に考えます。

リビング・ダイニング

犬や猫などペットと暮らす方は腰壁で強度とメンテナンス性を考慮した機能アップリフォームが良いでしょう。また、TVの後ろの壁をデザイン性の強い自然素材系のモノを選んで部屋に表情を与えると行った考え方でアイデアを出していきましょう。

寝室(ベッドルーム)

ベッド本体のヘッドボードの背面の壁をアクセントウォールにするようなアプローチが王道です。光の反射を少しマットにするような繊維系壁紙にするなど、部屋の機能に考慮した素材選びが先行のヒントになります。

子供部屋

汚れを拭き取りやすい機能壁紙や、天井にデザインプリントのビニールクロスを施して機能性と子供の感性を高めるようなイメージでアイデアを出していきましょう。

Share!

Roof image

こちらもオススメ

住まいづくりに役立つ情報をお届けします

メール登録する

住宅展示場・マンションギャラリーへ行ってみよう