窓が変わると暮らしも変わる

窓のリフォーム

窓のリフォームあれこれ

窓のリフォームのポイントは「省エネ」「防音」「防犯」と大きく3つあります。それぞれ目的に応じて必要なリフォームが変わります。 機能と施工方法から窓のリフォームのポイントを押さえましょう。

省エネ

窓は家の中で最も熱の出入りがある場所です。断熱性能を高める事で、冬は暖房で上げた温度を室外に逃がさないようにし、夏は外の熱が室内に入り込む事を防いだり、日射を遮ることで室内温度の上昇を防ぐことができ、空調にかかる電気・ガスの利用を抑え、省エネで光熱費の削減に大きく貢献します。

防音対策

熱と同様に、音についても家の中で最も通り抜けやすい部分です。
二重窓にしたり、複層ガラス等に交換することで、外からの騒音の解消や、住居から漏れ出す音を軽減することができます。

防犯対策

空き巣被害の約6割が窓ガラスを破る、閉め忘れのガラス窓からからの侵入といわれています。防犯ガラスに交換、二重窓にしたり、シャッターを設置することで防犯効果を高めることができます。

リフォームの種類

窓をサッシごと取り替える

窓をサッシごと取り替えるリフォームには、「カバー工法」と「ハツリ工法」の2種類の方法があります。カバー工法は、既存の窓サッシの上に新たなサッシをカバーする形で窓を取り付けます。工事が簡単で短納期でできるため、コストは低めですが、サッシをカバーする分、窓の領域がひとまわり内側に狭くなります。
ハツリ工法は、サッシごと撤去して、サッシを含めた新しい窓を設置します。断熱性など機能性の高い窓を導入したい場合はサッシごと交換する方が効果が高くなります。ただし、サッシを撤去する事でその枠周辺の壁の補修など工事も行うため、カバー工法に比べてコストが高くなります。

内窓を追加する

既存の窓の内側にもう1枚窓を追加する方法です。既存窓に内側に追加するため施工が簡単になり手軽にできる窓のリフォームです。遮音性、断熱性、防犯性を高める事ができます。追加する窓のガラスを複層ガラスや、防犯性の高いガラスなど機能性の高いガラスにする事でより機能性を高めたい方にお勧めのリフォームです。

窓ガラスのみ交換する

既存の窓のガラスのみ取り替える工事です。防犯性の高いガラス、断熱性の高いガラス、日射を抑えるガラスなど機能性をアップして省エネになる効果が期待でき、施工最も手軽な窓リフォームです。

Share!

Roof image

こちらもオススメ

住まいづくりに役立つ情報をお届けします

メール登録する

住宅展示場・マンションギャラリーへ行ってみよう