そろそろキッチンを変えたいな..

キッチンリフォームを知る

最新のキッチン事情とキッチン構造基本のキ

そろそろキッチンリフォームを行いたい。。
まずはキッチンのリフォームで、できることを知っておきましょう。

リフォームキッチンの種類

システムキッチン

キャビネットとビルトインのコンロや食洗機など設備を組み合わせて天板で一体化させるタイプです。キッチン専門のメーカー品が数多くあり、サイズの自由度も高く、パーツ組み合わせによるデザインの仕上がりを想像しやすいのであまりこだわりが無い方にお勧めします。

造作キッチン

素材から寸法・形状まで全てオリジナルで作成します。コストを高くすることも安くすることもできます。素材や必要なものなどオリジナルキッチンにこだわりたい方には最適です。 細かく設計者と打ち合わせ時間が必要になりますので、あらかじめ要望をまとめおくことをお勧めします。

間取りの種類

独立型

キッチンを個室として間仕切りしたタイプ。煙や油、臭いがリビング・ダイニングへ行きにくく、壁を利用した大きな収納を計画することができます。

セミオープン型

マンションで主流となるカウンター越しに家族と対話ができるタイプ。煙や手元に配慮しつつ、オープンな空間として空間を広く見せることができます。

オープン型

ダイニングの一部としてキッチンエリアを設けるタイプ。壁が少ないので空間が最も開けて見えることと、家族とのつながりに自然な動線ができ、コミュニケーションが豊かな部屋作りに貢献します。

レイアウト

I型

シンク・コンロ・冷蔵庫・収納含め一片の壁にまとめて配置したレイアウト。

II型

前後に作業スペースを設けて効率良く作業ができるレイアウト。

L型

L型に作業スペースを設け動線が小さく効率が良いレイアウト。

U型

独立型のキッチンで有効なレイアウト。3片に作業を分けられるため並行した作業もゆったり行うことができます。

アイランド型

カウンターの一部を島のように独立して設置するレイアウト。オープンな空間が作れる為、家族と一緒にカウンターを囲んで料理をしたり、コミュニケーションが活性化します。

ペニンシュラ型

ダイニング側にカウンターテーブルを突き出させたレイアウト。ダイニングテーブルの代わりに食事をカウンターで行うなど省スペース化にも有効です。

リフォームのポイント

使い勝手をよくする為には「動線」、「収納」、「設備」を改善することが大切です。用意されたメーカのシステムを組み合わせる事を起点に考えず、まずは作業効率上げる為のポイントを洗い出し、システムキッチンなのか造作キッチンなのか、自分にあったキッチンリフォーム方法を考えていきましょう。 また、排水管の位置関係を動かすような計画の場合、予算が上がりますので計画する費用についてもそれらを考慮して考えていきましょう。

Share!

Roof image

こちらもオススメ

住まいづくりに役立つ情報をお届けします

メール登録する

住宅展示場・マンションギャラリーへ行ってみよう