家の構造を完全理解

構造・工法とは?

間取りの自由度も左右される構造・工法の理解はマスト

どんな家を作りたいかを考える上で家の構造と工法を理解しておきましょう。 一般住宅では「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」と3つの構造と、それぞれに応じた工法があります。工法毎に特徴がありますので一通り理解して自分が思い描く家に当てはまる工法をイメージしましょう。

構造と工法の種類

構造 工法
木造 木造軸組工法
ツーバイフォー工法
鉄骨造 重量鉄骨造
軽量鉄骨造
鉄筋コンクリート造 (RC造) ラーメン構造
壁式構造

木造軸組工法

木造軸組工法 木造構造のスタンダードな工法で日本の高温多湿な風土に適した工法です。柱と梁と土台で骨組みを作り、筋交いという柱と柱の間に斜めに骨組みを渡すことで耐震性を強める工法です。間取りの自由度も高く、二階との床を自由に構築できるので開放的な空間も作りやすいです。

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法

断面が2×4インチ(38mm×89mm)の木材で作った枠に合板を貼り付けた箱が壁となり耐震性と機密性に優れています。壁と床を面で支えるため、開放的な空間作りにおいては限度があります。施工しやすいので工期を比較的短くできることが特長です。

軽量鉄骨造

木造軸組工法の鋼材版で、人気の工法です。柱、梁、筋かいで構成され自由度が高く、強度も安定しています。
耐震性、耐火性にも優れていますので自由な設計かつ耐久性をもたせたい場合に最適です。また、建てた後のメンテナンスせいにも優れランニングコストを抑える効果も高いです。

重量鉄骨造

大型マンションなど構造の住宅ビルで用いられる工法です。柱、梁、筋かいで構成されていますが、軽量鉄骨造よりも強く強靭な鋼材を用いるため、大きな空間を作ることができます。工事には大型クレーンなどの重機を駆使して建てますので周辺スペースも考慮する必要があります。

ラーメン構造

柱と梁を剛接合した構造で、自由度が高い。マンション、オフィスビルなど大型の建物でよく使われる構造です。ただし、柱や梁が室内でてきてしまうため、間取りでは留意が必要です。

壁式構造

鉄筋コンクリートの壁で建物を支える構造です。梁や柱がないため室内空間はすっきりと近代的なスペースを作ることができます。建物を支えるために壁を一定量確保する必要があるため、大きな空間を作れません。

[その他の工法] プレハブ工法

あらかじめ工場で部材を生産し、現場で組み立てる工法です。ほとんどの工程を工場で組み立て、箱上のユニットを現場で組み上げるようなタイプもあり、工期が短いのが特長です。

Share!

Roof image

こちらもオススメ

サンヨーホームズの注文住宅

サンヨーホームズのZEH[ゼッチ]

住まいづくりに役立つ情報をお届けします

メール登録する

住宅展示場・マンションギャラリーへ行ってみよう