ゴールで考える依頼先

家づくりの依頼先

失敗しない家づくりのパートナーの選び方

家づくりを依頼するパートナー探しは最も重要なプロセスになります。
依頼する会社には大きく3つの方向性があります。
それぞれ特徴がありますので自分たちのイメージに対して相性が良さそうな依頼先に相談しましょう。

依頼先その1 ハウスメーカー

安心とワンストップサービスのハウスメーカー

安心とワンストップサービスのハウスメーカー ハウスメーカーは広域で営業網を持ち、土地探しからアフターケア、老後の住み替えや土地活用までワンストップで対応できる人員規模があります。また、部材や構法も自社開発・生産し、効率的で耐久性のある品質の高い家づくりを提供してくれます。 また、ある程度工場で製造し、現場での組み立てを効率化していることで工期が短く済む傾向にあり、仮住まいの予算などを考慮して考えても非常にメリットがあり、一番人気のある依頼先になります。

メリット

  • しっかりしたカタログ、モデルルームがあり細かいイメージまでつかみやすい
  • 工期が比較的短い
  • 土地購入からアフターメンテナンス住み替えまでワンストップで手間が少ない

依頼先その2 工務店

地域密着型。小回りがきく住まいづくりに

地域密着型。小回りがきく住まいづくりに 工務店は地域をある程度狭い範囲に絞って営業を行う建築会社になります。
木造在来軸組方をメイン構法とする会社が多いです。デザイン・設計についてはその会社の得意とする施工方法、部材などが優先され、希望するイメージの可否など設計段階で手法を誘導されがちになることもあります。
地域に密着した活動により小回りが利き、土地の情報など優位性がある場合が多いです。

メリット

  • 暴風、積雪など地域に適した施工方法に強い
  • 家庭的なサービスを得意とする
  • 地場産業を応援できる

依頼先その3 設計事務所

デザインにとことんこだわる

設計事務所 設計事務所に依頼する場合は、その設計会社に管理監督をしてもらい、工務店が施工をするような流れになります。100%オーダーメイドでデザインにこだわりたい場合にやりやすい体制です。ただし、設計事務所のスキルにより工務店への指示、家本来の機能性などに差があり、アフターサビスなど長年にわたりフォローをお願いしてもらう体制にリスクがあります。選定の際には十分リサーチを行った上で取り組む必要があります。

メリット

  • 変形敷地・小敷地への設計も柔軟
  • コスト削減に応じた設計ができる
  • 部材細部までこだわって作れる

Share!

Roof image

こちらもオススメ

サンヨーホームズの注文住宅

サンヨーホームズのZEH[ゼッチ]

住まいづくりに役立つ情報をお届けします

メール登録する

住宅展示場・マンションギャラリーへ行ってみよう